行政書士の難易度や勉強時間について

行政書士といえば、一般生活に身近な法律業務の資格の一つとして、
身近に存在する業務の一つといえます。
法律に絡む業務ですので、資格がなければ開業することはできません。
法律系の国家資格としては、難易度は決して高いとはいえない位置にありますが、
初学で合格できるほど簡単とも言えません。

 

以前は行政書士の資格試験といえば、合格率も高く日常生活の中で、
ごく短時間の勉強時間でも合格できると言われていました。
受験者数も少なく、合格率も10%を切ることのない資格試験でもありました。
こういったことから、景気の悪化と一向に上昇の気配が見えない中、独立系の資格として人気をはくし、
取得者の数は劇的に増えていく結果となりました。
当然市場的にも限られたものである士業である以上、
資格取得者が飽和する事態となり、資格試験自体の見直しが図られる結果となり、
現在ではかなりの高難易度試験と変わりました。
そのため、合格にいたるまでの過程もかなり難しくなり、
短時間の勉強時間では合格できない試験といわれるようになりました。

 

資格試験の勉強時間は、自分の今まで築いてきた環境によってかなり変化します。
行政書士の資格試験も同じことではありますが、
法学部の学生が司法試験の予備として受験して落ちてしまうこともあるという
難易度に様変わりしてきているのです。

 


行政書士の高い難易度を攻略するためには
通信講座が手っ取り早い方法で、余計な事を考える必要はなくなります。
そこで、様々な行政書士の口コミや比較を紹介したサイトがあります。
→行政書士の通信講座の比較!ランキング・口コミを徹底紹介